資格取得で給料アップ!?支援制度の有無

高い給料を望んでいる人は資格取得支援制度の利用がおすすめ

工場の求人を探していてよく見つかるのが「資格取得支援制度有り」と書かれている求人。高い技能を持った人材を確保したいと思っている企業では、社員の育成に積極的に取り組んでいます。その取り組みのひとつである資格取得支援制度では工場で働く社員が特殊な資格を取得しやすいように、資格を取得するために必要となる経費を企業側で補助したり、教材費を負担したりなどしています。そして資格を取得することが出来た社員には資格手当(技能手当)と呼ばれる手当が給料に上乗せされて支給されます。もし、工場の求人を探している最中で給料面での高待遇を求めている人がいるのであれば、将来的に給料アップの可能性が見込める資格取得支援制度を取り入れている求人がおすすめです。

資格取得支援制度で取得できる資格とは?

工場の仕事でもっと高い賃金を得るためにも、資格取得支援制度を利用して資格の取得を目指しましょう。資格を取得することが出来れば給料がアップするだけでなく自身のスキルアップにもつながり、転職を考える際にも非常に役に立つことでしょう。資格取得支援制度を利用して取得できる資格の中には「機械保全技能士」と呼ばれるものがあります。国家資格である機械保全技能士は、機械設備のメンテナンスにおいて高い知識と技能を持っていることを証明する資格です。等級が4段階に分かれており、企業によっては上の等級の資格を取得するにつれて技能手当も手厚くなるようです。この他、工場によっては「電気工事士」や「フォークリフト運転技能者」などといった幅広い職種でも使える資格の取得を支援しているところもあります。